Pocket

「転職」はキャリアアップ?近年のライフスタイルの作り方

現在よく耳にする転職ですが、以前に比べると当たり前になりつつあり、企業も悩まされているのではないでしょうか?
今の若者は忍耐力がないという意見も多数あると思いますが、はたして本当にそうでしょうか?
働き方改革が進むなか、企業はより働きやすい環境づくりなど双方での歩み寄りが大切になってきています。
さらに人口減少により、今後も人材不足が増加する傾向にあり、こういった時代の変化にどう向き合うかが今後のカギとなるのではないでしょうか。

なぜすぐに転職してしまうの?


企業の経営者や人事の方はせっかく採用した人材がすぐにやめてしまう事に頭を抱えているのではないでしょうか?
企業としても、採用を行う事は少なからずコストが発生している為、すぐに転職されてしまうとマイナス要素しかありません。
現在では、人口の減少により売り手市場なため、企業はなかなか良い人材を採用できないのが現状です。
こういった状況から抜け出すために近年注目されているのが「働き方改革」です。
例えば残業時間の削減や有給の取得を企業が積極的に行うようになりました。
またフリーアドレスなど、今までは働く環境の縛りが強かったが働き方改革ではそういった従来の「当たり前」を無くしリラックスした環境で仕事ができる体制を整えている企業が急増しています。
そういった企業で働きたいと思う若者も多く、大手企業でない限り、少なからずそういった取り組みを行っていない企業の採用は難しいのが現状ではないでしょうか。
今までは企業にとって、顧客の満足度(CS)が重要視されていましたが、近年では同様に従業員満足度(ES)を重視する方向に進んでおり、ESなくしてCSなし!といわれるほど重要度が高まりました。
近年では従業員を大事にし、昔ながらのTOPダウン方式や軍隊式の企業では若者はついていけない社会になりつつあります。
やる気があり今後の事を考える若者が増えてはいるが、転職を考えてしまう理由として大きく2つあります。
一つ目は、今までのスパルタ的なやり方だとついてこれず成長できないと感じ辞めてしまう。
このケースはベンチャー企業などで多く見受けられます。
成長したい気持ちはあっても、自分で考え行動する事ができず、研修体制やサポート体制が整っていない事が要因と考えられます。
二つ目は、キャリアアップの為です。現在の会社で成長が見込めないと感じた場合や社内に自分よりすごいと思う人がいないなどがあります。
この場合、企業にとってはかなりの痛手です。原因としては評価への不満や給与面の不満が大きく関わっている場合が多いです。
企業の対策としては、評価制度や会社の方向性が社員に落とし込めていない事が多いため、こういったところを見直す事で少しはESの向上につながるのではないでしょうか。

「今の若者の仕事に対する考え方とは?」1つの会社にいるのはもう古い?


今までは大学を卒業し就職した会社で定年まで勤める事が良いといった風習がありました。
その時代を進んできた方は転職する若者に対し、「根性がない」、「何も考えていない」などと非難しているのではないでしょうか?
そもそもそういった考え方が今の時代にはあっていないといえるでしょう。
今の若者が何も考えていないかというとそうではありません。
転職する理由として多い理由は、もっと様々な事に挑戦したい、キャリアアップの為、このままだと成長できないといった前向きな理由も多いです。
海外ではスキルを付け、給料の良い企業に転職する事は当たり前です。働き方改革にしてもそういった海外の文化が影響しています。
近年では若いうちから安定した収入を得たいと思う人が増えており、昔なら安定をする為に1つの会社で勤め、歳を重ねたときに収入の安定を求めていましたが、
現在では、若い時にスキルや経験を積み、評価される企業に転職する風習に変わりつつあります。
従って、企業からすると、1人前に育てたのにも関わらずやめてしまうといった事態が起きています。昔と比べると「情」というものが無くなっているといえるかもしれませんね。
しかし1つの会社で何も考えず働くと言うよりは、しっかり考え今後のライフスタイルを充実させる思いが強くなっていると言えるでしょう。

「転職に悩んでいるあなた!」


大学を卒業しせっかく就職したのにもかかわらず、自分の思っていた物と違うと思っているのではないでしょうか?
就職活動中には、企業の実際の中まで知る事は不可能に近いでしょう。どの企業に入ってもそのギャップは避ける事はできません。
だからといって我慢しつづけるのはよくないでしょう。
仕事がつらく辞めたくなった時はじっくり考え、自分にとって今のままだとプラスにならないと思った時は、早くに転職し新たなライフスタイルをスタートさせると良いでしょう。
しかし自分都合で嫌だからやめるといった転職は転職先でも必ず自分に返ってきます。
日本には数多くの企業があり、就職してすぐにやめたからといって働く場所がなくなる事は考えにくい時代です。
その数多い企業の中から、自分に合った企業を探すといった事も今後の輝けるライフスタイルを送るためには重要になるのはないでしょうか。

Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です